自分で行う際とお金が違う|手続きに掛かる費用とは【借金返済の突破口となる個人再生】

サイトメニュー

自分で行う際とお金が違う

メンズ

専門家に依頼すると安心

個人再生は借金の返済が難しくなり生活にも支障が出ている方が、借金の減額により分割返済することで、生活を建て直しながら完済を目指す手続きです。借金があって返済するお金にも困っている状態ではありますが、裁判所に個人再生の申立てを行うには手続き費用の支払いが必要になります。弁護士に手続きの代理人を依頼する場合には3万円程度、依頼しない場合には裁判所が個人再生委員を任命してその方に一定の調査や勧告業務などを担わせるため21万5千円程度の費用を裁判所に納める必要があります。一方、弁護士に代理人になってもらう場合には弁護士に支払う費用が発生します。弁護士への費用を併せれば、代理人を立てずに自ら行う場合に裁判所に納める費用より、代理人を依頼するほうが高くなるのが一般的です。お金に困っているから費用は抑えたいと、自分で手続きする道を選んでしまうと、かえってお金や時間が無駄になってしまうケースもあるので気をつけましょう。というのは、書類の提出や調査などの対応を定められる期間内に行えないと個人再生の手続きが終了されてしまい、そこまでにかけた時間も費用も無駄になってしまうためです。そのため、トータルでどちらが費用が安くなるかで判断するのではなく、借金の減額をスムーズに認められて、生活を建て直すという目的をいずれの方が達成しやすいかを基準に判断するのがおすすめです。費用をかける分、弁護士に依頼すればスムーズに個人再生が実現することでしょう。