複雑で困難な手続き|手続きに掛かる費用とは【借金返済の突破口となる個人再生】

サイトメニュー

複雑で困難な手続き

男女

弁護士に頼むと高額だが

個人再生を弁護士に頼むと、かなりの高額な費用になります。再生委員への報酬を含めても40万円〜60万円の費用がかかるのです。これだけ高額なら、弁護士などの専門家に頼まずに自分で手続き、ネットなどで調べて書類を書けばできそうにも思えますが、思った以上に手続きは困難で複雑な手続きなのです。裁判所に提出する書類が何種類もあり、それぞれ期限内に提出をしなければならないです。裁判所からの連絡や書類の受け取り、送達にも申し立てた本人が主体になって動かなければならないです。それに、裁判所への出廷は平日です。仕事をしている方なら、平日に休みを取って行かなければならないなど非常に手間がかかります。例えそれができたとしても、再生計画案の提出です。原則3年以内に完済ができるように自分で返済案を考えなければなりませんし、小規模個人再生であればそれを各債権者に認可してもらわなければならないのです。ただ、個人でやるにしてもどっちみち再生委員への報酬を支払わなければなりませんので、20万円〜25万円程度かかりますが、それだけ払うのであれば費用が多少かかっても弁護士に個人再生を依頼した方がよいです。弁護士に個人再生を頼むと費用は高額になってしまいますが、その費用の内訳は相談料、着手金、成功報酬、実費等です。高額な費用はかかりますが、個人再生は3000万円〜5000万円未満の債権額であると最大10分の1まで減額できる手続きです。それを考えると、弁護士費用が高くても依頼をしたほうが最適な方法であるといえます。